アルバイトでも大丈夫!!なカードローンの組み方はこれ!

どんな職業でもカードローンを組めるか?いざという時に一枚は持っていたいのがカードローン用のカードですね。
これなら急なお金がいる場合にローン会社に出向いたり、ネットであれこれ情報を入れたりすることなく、さっとお金を借りることができます。

しかし、便利に借りられるからこそカードローンを通る審査が厳しいと思っている人も多いでしょう。
確かに審査の通りやすい安定した職業というものはあります。
勤続年数や年収が安定していれば審査もスムーズに通るし、借りられる限度額も最高金額まででる可能性も十分あります。

しかし、では例えばアルバイトなどの職業の人は審査に通らないということはありません。
もちろん条件は上記の安定した職業、正社員などで勤続年数の多い人に比べると厳しい条件になるのは仕方ありません。
しかし一度カードローンを組んでおいて返済などで信用を確保し、条件を良くしていくという方法をとることができます。まずは一枚持つことから始まります。

目からウロコの条件はこれ!
「アルバイト、パート、主婦でもOK」のカードローン会社はもちろんカードローンを組むことが出来ます。

カードローンの利用条件は「働いて安定した収入を得ている人」となっていますので、派遣社員・契約社員・パート・アルバイトなどの非正規雇用の人でもカードローンを利用することができます。
出典:フリーターでもOK!即日融資の申込み | 消費者金融ALLガイド

しかしそれ以外でも組むことが出来る場合があります。

それはその会社がどのような事業をしているかに着目することが大事です。

その会社がカードローン以外にも例えばショッピングサイトや会員制のサイト、ポイントサイトなどを運営している場合、そのサイトの会員になっているとカードローンも優待として受けることが出来る場合があります。
自分が入っている会員制サイトのメールやHPなどをよく読んでみましょう。
案外会員向けの有利な条件でカードローンを組みませんかという案内があったりします。

そのほかの条件などもクリアしていれば、さらに審査が通りやすくなっているものです。
また、既に会員であるため入力フォームに予め自分の住所など基本的な情報が記載されていて、面倒な作業も楽に終わらせるなどの利点も発生します。

そのようなサイトにはよくポイントなどの加算等もあり、一つのところですべて完結するようにしておけば、ショッピングなどの時にも便利にお得に使うことが出来ます。

諦める前にしっかり情報をこういった情報は案外見落としがちです。
自分が日頃利用しているショッピングサイトの商品以外のページを一度みてみましょう。
またメールなど普段は読まずに消去している人も一度読んでみましょう。

アルバイトだからと諦めるのはそれらを見なおしてなおまだ借りられるところが無かった時だけです。
そして諦める必要がないことをきっと分かってもらえるでしょう。
今はとっても気軽にキャッシングができる時代なのです。

カードローンを契約する際に気を付けること

金融機関を利用する際にはさまざまな注意点がありますが、まず第一に考えるポイントは、どういった用途でカードローンを利用するかという点です。

金融会社やカードローンの種類によっては使用用途の範囲が決まっているため、目的に合った使用用途のカードローンを契約する必要があります。
金融機関のサービスを申し込む際には身分証明書が必要ですが、使用できる身分証明書は顔写真入りの証明書が必ず必要になります。

顔写真入りの身分証明書には、パスポートや運転免許証の他、最近では国の発行する住民基本台帳カードがあれば審査を申し込みできるサービスが増えています。

顔写真入りの身分証明書を用意する場合は、更新期限が切れていないか確認することが大切です。
また金融会社によっては、利用者名義の公共料金の領収書が別途必要になる場合もあり、あらかじめ電気ガス水道や電話料金の領収書を保管しておくと、いざというときに慌てなくて済むので覚えておきましょう。

借入前に金利の数字を相談するべき

おまとめローンを利用する時に、予定よりも多くの金利になってしまう可能性があります。
それはおまとめローンを提供している広告には、金利の幅が少ない金額から上限額までが記載されている場合が多いですが、その場合出来るだけ少ない金利を確認して依頼する人が多いのです。

そうなると、実際の審査が終わって貸し付けが可能な状態になった段階で、まとめる前の段階の金利と比較してもそれほど変わらない状況になる可能性があります。

この状況を改善していくためには、全く別の会社に審査を依頼してみることが重要です。
特にカードローンを提携している会社は、他の商社金融と審査の基準が変わってくる可能性があるため、どれくらいの金利で融資できるかをチェックする事が大事です。

複数の借入がある場合には一本化することは有効な方法となりますが、審査が通る会社と金利の数字の比較をしていく事が重要です。
現在の収入の状況において、審査を依頼する前にどれくらいの金利になるのか相談する事ができるはずです。

複数の金融から借金をしてしまう人の概ねの特徴

複数の金融会社から借金をしてしまう経緯
ひとつの金融会社での借し入れ限度額が上限いっぱいになって限度額アップの審査を通過できなかった人がどうしてもお金がいる時に審査が通りやすい金融会社に手をだしてしまう。
仮に審査が通ったとして「他に借し入れしてる金融機関があれば当社で借金の一本化しませんか?」と質問されます。
それに対して普通の人なら「はい」と答えます。

でも実際お金を手に入れるとちょっと遊びたくなります。その欲に勝つか負けるかでその後の展開が変わります。
欲に勝ってきっちり返済に専念した人は毎月1回約20000円程度ですみます。
対して欲に負けた人は大体限度額いっぱいまで豪遊して、毎月約20000円×2社分の計40000円支払わなければなりません。
働いている一般の人でも40000円はダメージが大きいですよね?

辛くなってきたらまた同じ手順で金融会社を探して計3社……。
そしてみるみるうちに借金が膨れあがります。
最初は20〜30万円だった。借金が何百万になってた。

なんてことを経験してる人が世の中にはたくさんいます。今のご時世真面目に働いてる人でも残業を夜な夜なやって月給20万円なんて人がゴロゴロいます
地方の人は大体それが平均と情報サイトで見たことがあります。

借金をするなとも言えない世の中です。
くれぐれも借金をする際は計画的に!!!

カードローンは手軽に利用出来て便利です

手軽な感じがいいなと思ってカードローンでお金を借りることにしました。
宣伝を見ているとカードローンはすごく簡単に利用出来そうに感じたのです。

面倒なことがなくお金を借りられるのならそれが一番です。
カードローンはネットで短い時間で手続きを終えられるくらいとても簡単でした。
不安になることもなかったですし、ネットでの申込みの便利さを十分に感じることが出来ました。

お金の借り方から金利のことまでカードローンの会社のホームページでなんでもわかります。
お店に行ったりする必要がないのもとてもいいです。
返済の期限はスマホやパソコンで確認をしながら忘れないようにしました。

利用をしてみてよりカードローンはいいなと思うようになりました。
宣伝が嘘ではなかったなと満足をしましたし、お金を借りられて助かりました。
使い勝手のよさを売りにしてもいいと思いますし、お金を借りたり返したりするのもATMやネットを利用してとても簡単で使いやすかったです。